下廻り防錆処理(錆止め塗装)

Pocket

地域:南魚沼市石打

車種:スズキ パレット

 


お買い上げいただいたお車の納車前準備でお客様からご依頼いただいていた下廻りの防錆処理施工しました。

ここ新潟では冬になると凍結防止のために道路に大量の塩化カルシウム(塩)を撒くため、その塩が原因で車が錆びてしまいます。それを塩害といいますが、特に車の下廻りはとても錆びやすくそのまま放っておくと腐食の原因になります。

その塩害を防止するために車の下廻りに錆防止用の塗装を施すのです。

施工してある車としていない車では年数が経つにつれ目に見えてはっきりと結果がでます。

出来れば施工することをオススメします。

 

まずは塗装前準備をします。

錆止め塗料をスプレーすると周りに塗料が飛び散りボディなどに付着する事がありますので新聞紙で保護します。

 

 

今回はリフトは使わずジャッキアップしてウマに掛けた状態で下に潜り作業します。

↑最初はこの状態

 

吹きムラがないようにたっぷりと塗料を吹き付けて下廻りを保護します。

 

↑錆止め塗装後

 

錆止め塗料を吹き付けて真っ黒になりました。これだけシッカリ吹き付けてあれば冬の塩も恐くありません!

愛車を長く乗り続けるには前もって対応策を施しておくことが大事ですね。

 


料金

車種

軽自動車

小型乗用車(5ナンバー)

普通乗用車(3ナンバー)

価格 28,000円 30,000円 35,000円

※表示価格は税別価格です

Follow me!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です