眠らせていた車を復活させる件

Pocket

先日お客様のご依頼でオイル交換作業をしていたら、それを見ていた方が「オイル交換以外にも車見てくれるの?それじゃあウチの車も見てくれる?」と声を掛けてくださいましたので、オイル交換終了後そちらの車も点検する事になりました。

 

そのお客様のお車はしばらく乗っていなくて約一年ほど車庫に入れっぱなしで眠らせていたようです。

確認してみるとすでにバッテリーは上がり、前タイヤ一本は老朽によりパンクしていました。

車検も切れていましたがとりあえず敷地内だけでも走れるようにしてほしいとのことでしたので、バッテリーはジャンピングでかけて、タイヤは他に履けそうなタイヤが無かったので応急用タイヤに付け替えることにしました。

 

まずはエンジンをかけるためにバッテリーにスターティングパックをつなぎます。エンジンはかかるけどバッテリー容量はほとんどなく一度エンジンを切ってしまうと自力では二度と掛かりません。

調べてみてもバッテリーの充電はできそうになかったので交換することにしました。

それにかなりの爆音。

マフラーが裂けています。

この車を乗るには交換が必要ですね。

 

そしてエンジンをかけたことによりボタボタとガソリンが漏れてくるじゃないですか!

これは非常に危険です。

ここも要修理です。

 

後はタイヤを応急用タイヤに付け替えてとりあえず終了。

バッテリーとタイヤを換えて走れるようにはなりましたが一年間眠らせていた代償はかなり大きく色んな所にダメージがあると予想されます。

 

一回総点検をしてその結果車検を取るのか廃車にするのか考えた方が良さそうですね。

 

今回のケースのように私が作業しているところを見て、「じゃあウチのもやってよ」とご依頼いただく場合もOKです。

次の予定が入っていないときはそのまますぐに点検・整備することもできますし、予定が入っていたとしてもご予約としてお受けいたしますので、私を見かけた方は是非一度お声掛け下さい!

 


[お支払い金額]

基本料金:1,000円

応急用タイヤ付替え:900円

バッテリージャンピング:3,000円

バッテリー付替え:無料

バッテリー代:16,000円

その他点検作業:無料

合計:22,572円(税込)

Follow me!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です