散髪中に仕事のご依頼

Pocket

本日の仕事もほぼ終了したのでちょっと伸びてきた髪を切ってもらいにいつもお世話になっている散髪屋さんへ行ってきました。

最近はもっぱら短髪派になってしまった私です。

髪が短いといろいろ楽なのでいいのですがこれからの季節は少し頭がスースーするかもですね。

 

そんなことはさておき、

今日は、以前お仕事のご依頼をいただきました美容師さんに髪を切ってもらいました。

その時に美容師さんから、「ちょっと相談したいことがある」とのこと。

聞いてみると、運転中にカーナビの操作やテレビを見れるようにしたいといいます

車購入時にはあまりお金を掛けたくなかったのと、特に必要ないと思ったらしくカーナビにそのような処置をしなかったらしいのです。

でも今は状況が変わり、運転中のナビ操作をしたり、走行中にお子さんのためにテレビを見せてやったりしたいので何とか出来ますか?とご相談をいただきました。

もちろん、大丈夫です。

 

走行中にナビ操作やテレビ視聴するためには二通りあり、

一つはテレビナビキットという専用のハーネスを別途購入してそのハーネスをナビの配線に組み込み可能にすることと、もう一つはカーナビの配線を加工して可能にすることの二つです。

 

お客様はあまりお金を掛けたくないとのことでしたので別途購入するハーネスではなく、直接配線加工してテレビやナビを操作できるようにします。

ただしこの作業はお客様責任での作業となりますので予めご了承ください。

 

この作業を行うにはナビを外さなければならないのでその手順を追って説明します。

 

まずはエアコンユニットを外します。

 

 

外し方としては、エアコンユニットの下側にガムテープなどを貼り付けてそのガムテープを引っ張るようにエアコンユニットを引き出せば外れますがかなり固いのでなかなか取れないかも知れませんが壊さないように頑張って引っ張り出します。

 

プラスチック製のパネル外しなどを使ってコジって外しても構いませんがそのとき周りに傷を付けないように気をつけます。

予めシフトレバーを一番下まで下げておくとエアコンユニットを外しやすいです。

 

エアコンユニットが外れるとエアコン配線のカプラーが2本刺さっているので抜きます。

 

完全にエアコンユニットを外して奥を見るとビスが2本止まっているので取ります。

 

次にナビ上部のパネルをパネル外しを使ってコジって外します。

ここにはビスが3本ありますので取ります。

 

そこまで来ると後は前にナビ本体をグッと引っ張るとガポッと外れますので勢いよく引かないようにゆっくりジワッと引き出します。

 

 

ある程度ナビを前側に引き出したら周りに傷が付かないように一旦置いて、後ろのパーキングブレーキ線を探します。

色は青と黄色の線です。

 

これを途中で切断し、車体側の配線にはビニールテープで保護し、本体側の線をアースとして落とします。場所はどこでもいいのですがナビ本体に止めておくのだ簡単だと思います。

 

ここまでやったら動作確認をします。間違って別の線を切ってしまうとナビの何かが作動しなくなったり不具合が出ますのでその時は改めて作業し直します。

今回の動作確認は特に問題なく動きましたので全て元通りに組み付けます。

 

最後に走行しての動作確認をして問題なければ終了です。

 

これで走行中にナビの操作やテレビの視聴が可能となりましたが、くれぐれも運転手は走行中画面を凝視したり、安全の妨げになるような行為はしないように気をつけて楽しいカーライフを送ってください。

 

この度はご依頼をいただきましてありがとうございました。

 


[お支払い金額]

4,320円(税込)

Follow me!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です