フーガのマフラー破損の件

Pocket

地域:南魚沼市石打

車種:日産 フーガ

 


リアマフラーがジョイントの部分から折れたという事で作業のご依頼をいただきました。

 

この車両はリアマフラーが左右両出しタイプなのですが、左側のリアマフラーがフランジの溶接部分からボッキリとキレイに折れていました。

原因は塩害からのサビです。

ここ雪国では冬になると道路が凍らないように融雪剤である塩化カルシウムを道路に大量に散布します。通称『塩』です。

その塩が原因で車は錆びていき様々な箇所に影響を与えますがマフラーは特に影響を受けやすいのです。

最近では多くの車が塩害から車を守るため『塩害ガード』などの錆止め塗料を下廻りに吹き付け錆びにくくする対応をしていますが、マフラーまで塩害対策をやっている車は少ないです。

マフラーは最初は塗料でコーティングされていますが熱を持つ部品なのでどうしても年数と共に塗料は剥がれていき鉄が剥き出しの状態になります。その状態で冬の間塩水を浴び続ければ当然錆びる速度も早くなり錆びた場所は次第に弱くなり、最悪の場合このように折れてしまいます。

でもこの車両はリアマフラー側のフランジ部は錆でボロボロでしたが、運が良いことにセンターパイプ側のフランジ部はかなりしっかり残っていたのでこっち側は全く手を入れる必要がなく済みそうです。両側ダメなこともありますのでそうなると金額的にも高額になってしまいます。

お客様はご自身で部品を購入すると言うことでしたので後日部品が揃い次第取付作業をさせていただくことになりました。

購入していただく部品は、左側リアマフラーとガスケットです。

後日また作業のご依頼をいただくというお約束でとりあえず今回のお支払い金額は基本料金のみご請求させていただきました。

再度ご依頼いただいたときにマフラー交換費用他作業料をいただくという形になります。

 

[お支払い金額]

基本料金:1,080円

 


当店では塩害ガード吹き付け作業のご依頼もお受けいたしております。

お車を購入したばかりの人はもちろんの事、愛車を長持ちさせたいと思う方は是非ともお勧めの作業となっております。

施工した車としていない車では年数が経つにつれ確実に差が出ます

「あの時やっておけばよかった!」と思う前にご連絡ください。

お勧めの施工時期は寒くなる前の時期で、雪が降る前には確実にやっておきたいですね。

こちらはお車をお預かりさせていただく作業になります。気象条件により塗料の乾き具合が変わりますのでお預かりする日数も大体2日~3日位のお預かりになります。

Follow me!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です