Pocket

この表示はタイヤのサイズや性能を表記したものです。

  

①タイヤの幅 ④リム径
②扁平率 ⑤ロードインデックス
③ラジアル ⑥スピード記号

 

 

①タイヤ幅

まず、245はタイヤの幅を表しています。つまり、245㎜のタイヤであるという意味です。ちなみにここで言うところのタイヤ幅は、タイヤの最大幅のことであり、地面に接着している部分のみの幅ではありません。

②偏平率

つぎに45ですが、これは偏平率を表しています。偏平率とはタイヤの断面幅に対する断面高さの比率をいいます。ちなみに偏平率をさげることを「インチアップ」といいます。

③ラジアル

Rはタイヤの内部構造のラジアルを表しています。ラジアルタイヤとは、タイヤ内部の繊維構造が進行方向に対して「直角」に編み込まれているタイヤのことをいいます。走行性能に優れており、現在市販されている車はラジアルタイヤが使用されています。

④リム径

18は「リム径」を表している数字です。そもそもリムとはホイールの一部のことで、タイヤとホイールが組み合わされている箇所のことをいいます。つまりこの18とは、そのタイヤに使用できるリム径を示しており、タイヤの内径部分のサイズでもあります。ちなみに単位はインチで表示されているため、この場合は18インチ(1インチは25.4㎜)です。

⑤ロードインデックス

100はロードインデックスといい、タイヤ1本が支える事ができる最大負荷能力を示す数値の事です。ロードインデックスが低いタイヤは損傷しやすいため、ロードインデックスの数値はタイヤ選びの一つの目安になります。ちなみに、ロードインデックス100とは、最大負荷能力800キロに相当します。

⑥スピード記号

そして最後のWはスピード記号(スピードレンジ)を表しています。これは、そのタイヤが走行できる「最高速度」を記号で示しており、Wの場合は時速270キロまで走行可能という性能を表しています。もちろん、こんなスピードで公道を走る事はできませんが、タイヤの性能を図る上では参考となる記号です。


 
この表示はタイヤがいつ製造されたのかが表示されています。

 

 
 
ここを見ることで製造された年と週が分かるようになっています。

 

タイヤはミゾがまだあったとしても年数が経ちすぎていると本来の性能が発揮できなくなってしまいます。
保管方法にも大きな差が出るので一概に何年とは言い切れませんが、あまり古いタイヤを使うことはお勧めできません。
 

タイヤの保管方法についてはこちら

 

2000年以降の製造番号では、下4桁(例0117)の数字で製造年週を示しています。
最初の2桁の数字01は週(1週)を、最後の2桁の数字17は年(2017年)を意味します。

1999年以前の製造番号では、下3桁(例159)の数字で製造年週を示しています。
最初の2桁の数字15は週(15週)を、最後の1桁の数字9は年(1999年)を意味します。

Pocket