Pocket

駐車違反をして違反金が未納の場合車検が受けられないという話を聞いたことあるだろうか?

噂なのか真なのか?

 

実際は、

違反金が未納でも検査は受けられる。が、車検証は交付されない!

 

駐車違反の取り締まりを受けたことのある人は分かると思うが、駐禁を取り締まられるとフロントガラスに放置車両の確認・標章が貼られてしまう。

こういうもの↓

 

その後運転者が警察署に出頭したときには、反則金の他に違反場所に応じた1~3点の違反点数をもらいます。ですが実は出頭は義務ではありません。無視することも可能!出頭しなかった場合は違反点数はつきません。

 

でも、そのまま無視したとしても当然罪が消えることはなく(当然ですが)、後日違反者の自宅に「放置違反金の仮納付書」が送られてきます。

更にこれを無視したり、お金がないなどを理由に拒否していた場合、約2週間後に「放置違反金納付命令書」が届きます。

更に更にこれを無視すると、約20日後に督促状が送れてきます。

 

この督促状が車検でのポイントなのです。

督促状が送付されたしまった車両は、「車検拒否制度」の対象となってしまい、車検は受けられても、新しい車検証は交付されません

 

この放置違反金の督促状をもらってしまった人は、車検の前までには必ず放置違反金を納めて、その領収証もしくは納付・徴収済確認書を車検のときに他必要書類と一緒に提示すれば新しい車検証を貰うことが出来ますので十分気をつけましょう。

万が一駐車違反をしてしまい、放置違反金があってまだ納めていなかった場合でも、車検は受けられるので、とりあえず受けて検査終了後一週間以内に違反金を納めて、新しい車検証を受け取るという方法もある。でもこの場合二度手間になってしまうのでお店に車検を任せる時はかなりの確率で断られます。自分でやる時でもやはり時間がもったいないのであまりお勧めはしません。

因みに、車検後に車検証を受け取らずに1週間を過ぎてしまうと、検査そのものが無効になるため、再度検査をする必要があります。そうなると、時間もお金ももったいないので出来ることなら違反金は先に納めておくことが大事になります。

 

Pocket