Pocket

アメリカには車検制度がないという噂

アメリカには車検制度がなく、車の維持費もかなり安いのに対して日本には車検制度があり、その費用も非常に高いとよく言われていますが実際の所どうなんでしょうか?

アメリカには車検制度が無いというのは半分当たっていますが半分は間違っています。

実はアメリカにも車検制度があるのです。

アメリカの場合は国で統一されているわけではなく州毎に基準が設けられていますので車検制度が無い州もあれば、車検を受けなくてはならない州もあります。

そして、州によってはブレーキや足回り、ヘッドライトなど日本のように細かく検査する州も有れば、簡単にサッと点検して終わりの州も有るようですが、排気ガステスト中心の検査が多いようです。

ちなみに、私が以前住んでオーストラリアにも車検制度はありました。

 

車検費用

それでは、他国に比べて日本の車検費用はたかいのでしょうか?

各国の車検費用と車検期間

自動車検査登録制度、通称「車検」と呼ばれる制度は日本以外にも多くの国で普及している制度ですが、当然その規定は国ごとに違います。

検査手数料

日本 ドイツ イギリス フランス
1,100円~1,800円

83ユーロ
(約11,000円)

54.85ポンド
(約7,800円)
60ユーロ
(約7,700円)

 

ドイツは非常に高額で、それに続きイギリス、フランスと続き、それに比べると日本の検査手数料はかなり安いようです。

また、国土交通省が平成15年に発表した資料によると、年間の車両点検整備費用は、イタリアの約57,000円を筆頭にドイツ、イギリス、アメリカで軒並み50,000円以上掛かっているのに対して、日本は37,000円。
日本の車検費用は決して高くはないというのがわかりますね。

 

 

日本の車検制度

日本の車検制度の歴史は、1930年にタクシーやバスの安全性確保を目的に制度化され始まりました。はじめは業務用車のみでしたが1951年に一般の車も義務化され、1973年には軽自動車にも制度が適用されるようになりました。

車検の正式名称は「自動車検査登録制度」といいます。この車検は中古車だけに限らず新車の登録時にも行われています。新車の場合は「新規検査」と言い、通常は新車購入時にディーラーが検査を受けています。

新車購入での新規検査の有効期間は3年で、最初の車検は「初回車検」と言います。それ以降の検査のことを継続検査と言い、検査有効期間は2年です。2年に一回の車検は義務です。

ちなみに乗用車の場合、フランス、アメリカのカリフォルニア、イタリア、フランスでは新規検査の有効期間は4年、イギリス、ドイツ、スウェーデンなどは3年で、継続検査の期間も日本と同じなのはドイツだけです。

 

日本の車検、なぜ高いと言われる?

実は検査手数料が世界最安と分かった日本の車検。ではなぜ日本の車検は高いと言われるのでしょうか?

その謎は車検時に掛かる他の費用にありました。

日本では車検の際に必ず「自動車重量税」を支払う必要があり、更に「自動車賠償責任保険」を更新する義務があるためです。俗に諸費用または法定費用と呼ばれています。

この2つの費用だけで、乗用車なら5~6万円、軽自動車でも3~4万円掛かってきます。これ以外に車検を受ける際には「自動車税納付証明書」が必要になり、自動車税を支払っている事が条件となります。さらに、ディーラーや整備工場に車検を依頼した場合には、自動車の点検・整備、場合によっては部品の交換や修理などの費用も加算されます。

車検の検査手数料は世界的に見ても安い日本ですが、このように車検の際に付随する税金や保険が高額なため結果車検費用が高いと言うことになってしまいます。

 

古い車は高い

自賠責保険は万が一の為に必要なものなので義務化されるのは仕方ありませんが、納得いかないのは「自動車重量税」です。

自動車重量税とは車検の際に自動車の重量に対して支払う税金ですが、古い車になるとなぜか増税されます。

日本は「もったいない精神」の国ですから古い車を大事に長く乗っている人に対しては逆に恩恵があってもいいと思うのですが…。

自動車重量税(乗用 2年自家用の場合)
車両重量 2年自家用(継続検査等時)
◆エコカー減税適用 ◆エコカー減税適用なし
免税 50%減 エコカー 右以外 13年経過 18年経過
0.5t以下 0円 2,500円 5,000円 8,200円 11,400円 12,600円
~1t 0円 5,000円 10,000円 16,400円 22,800円 25,200円
~1.5t 0円 7,500円 15,000円 24,600円 34,200円 37,800円
~2t 0円 10,000円 20,000円 32,800円 45,600円 50,400円
~2.5t 0円 12,500円 25,000円 41,000円 57,000円 63,000円
~3t 0円 15,000円 30,000円 49,200円 68,400円 75,600円

「初度登録年月」から数えて次回の車検の受検満了期日が、13年以上経過していると一気に重量税が跳ね上がります。

私の車の初度登録年月は15年8月で次回の車検満了日が30年8月なので15年経過していることになります。車両重量は1.5t未満なので34,200円です。13年未満の車と比べるとその差なんと9,600円!これって単純に古い車をイジメている様にしか思えません。

大事に乗っているだけなのにこのハンデってひどい。ていうかこれって重量税ですよね?古くても新しくても車両重量は変わらんとおもいますが? 税金を払いたくなかったら新しい車に乗り換えろって事ですかね。

こうしてみると、日本は車検の際に掛かってくる別途費用が非常に高額であるため、車検は高額と言えるようです。

Pocket