Pocket

所有権解除とは

自動車をローンで購入した場合、車検証に記載の所有者欄には自動車のディーラーや販売業者、またはローン会社になっています。その場合「この車両の名義は使用者以外の人や会社」になります。
この名義を使用者に移す、つまり実際に所有して自動車に乗っている方に名義を移す手続きのことを所有権解除と言います。

所有権解除をやらなくても自動車は普通に乗っていられますが、自動車の名義が業者名義のままだと、所有者の承諾なしに名義変更や廃車手続きを行うことができません。
もし所有者が業者のままで名義変更などを行うには所有者である業者の印鑑証明書などの書類が必要になり、実際の所有者がすぐに手続きしたくとも業者の書類待ちでなかなか手続きできないなんてことにもなりかねません。
それに、所有者が実際の所有者以外のままだと他人の車に乗っているように車検証には記載されてしまいます。

以上のことから、ローンを完済したらすぐに所有権解除の手続きをすることをおすすめします。

 

 注意点 
ローンを完済しても自動的に所有者の変更はされません。所有権解除手続きをすることによって車検証の所有者が変わります。

 


申請に必要な書類

旧所有者が用意する書類(販売店・ローン会社)

  • 譲渡証明書
  • 印鑑登録証明書(発行日から3ヶ月以内のもの)
  • 委任状

新所有者が用意する書類

  • 自動車検査証記入申請書(移転登録申請書)(OCRシート第1号様式)
  • 手数料納付書
  • 印鑑登録証明書(発行日から3ヶ月以内のもの)
  • 委任状(代理人が申請する場合)
  • 自動車検査証
  • 自動車取得税申告書
  • 実印(本人が申請する場合)

 

 注意点 
車検証に記載されている住所が現在の住所と変わっている場合(引っ越しなど)は車検証住所と現住所の繋がりがわかる住民票が必要になります。さらに住所が変わりますので車庫証明も必要です。

Pocket