Pocket

一概に古物と言っても一体何が古物にあたるのでしょうか?

私は昔、古物商の許可って骨董品や美術品を売る人が必要なものって思っていました。

名前を聞くとそんな感じがしますよね。

古物の定義

一度使用された物品、新品でも使用のために取り引きされた物品、又はこれらの物に幾分の手入れをした物品を古物といいます。

古物の定義はわかったけど一体どんな内容が古物商の許可が必要な営業になるのでしょうか?

古物営業とは?

古物を営業として

  • 買い取って売る、修理して売るまたは使える部品を売る行為
  • 委託売買(買い取らずに売った後に手数料を貰う)
  • 別の品物と交換する
  • 買い取ってレンタルする
  • 国外に輸出して売る

以上の場合をいいます。また、インターネット上で以上の行為を行う場合も同様です。

ですがこれだけ見てるとじゃあ手軽で簡単なYahoo!オークションやメルカリなども古物商の許可がいるの?なんて疑問に思っちゃいますよね。

ですが自分の物をオークションサイトに出品して売る行為は古物商の許可は必要ありません。

ただし、自分で使った物や使うために買ったが未使用の物のことです。

転売目的で購入した物を販売する場合は許可が必要です。

 

その他次の場合も古物商の許可は必要ありません。

古物商の許可が必要ないもの

  • 無償で貰ったのもを売る行為
  • 相手から手数料などを取って回収した物を売る行為
  • 自分が売った相手から売った物を買い戻す行為
  • 自分が海外で買ってきた物を売る行為
    ※他の輸入業者が輸入した物を国内で売る場合は許可が必要です。

 

古物の区分

  • 美術品類
  • 衣類
  • 時計・宝飾品類
  • 自動車
  • 自動二輪車及び原動機付自転車
  • 自転車類
  • 写真機類
  • 事務機器類
  • 機械工具類
  • 道具箱
  • 皮革・ゴム製品類
  • 書籍
  • 金券類
Pocket