Pocket

 

車検が切れた車に乗ったらどうなる?

 
車検が切れた車に乗ったらダメだと言うことは皆さんご存じですよね。
では具体的に車検切れの車に乗ったらなぜダメなのか?と言うことはご存じですか?
知らなかった!という方は今日ここで勉強して覚えておいてくださいね。
 
今回は車検切れの車を運転した場合の罪と罰についてご紹介します
 
 

車検切れの

車検が切れた車を公道で走らせた場合、無車検車運行ということで道路運送車両法違反となります。
 

車検切れの

1. 違反点数6点(前歴がない場合)
2. 30日間の免許停止
3. 6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金

 

 

車検期限は十分あるけど自賠責保険が切れていたなんてことがあったとしたらそれも違反になります。

自賠責保険切れの

ほとんどの車は車検期間とほぼ同じくらいの期間に自賠責保険に入っていると思いますので、車検切れイコール自賠責保険切れと言うことになり、自賠責保険が切れている車を公道で走らせた場合、

自動車損害賠償保険法違反となります。

 

自賠責保険切れの

1. 違反点数6点(前歴がない場合)
2. 1年以下の懲役または50万円以下の罰金

 

 

更に車検も自賠責保険もどっちも切れていたなんて事があると大変です。

最大の罰則が課せられます。

車検切れで自賠責保険切れの

車検切れで自賠責保険も切れた車を公道で走らせた場合道路運送車両法違反自動車損害賠償保険法違反の両方が課せられます。

 

車検切れで自賠責保険切れの

1. 違反点数12点(前歴がない場合)
2. 90日間の免許停止
3. 1年6ヶ月以下の懲役または80万円以下の罰金

ほとんどの車は車検期間と自賠責保険の期間がほぼ同じです。車検が切れている車は自賠責保険も切れてしまっています。そのため、一気に12点の違反点数が切られて免停処分ですし、悪意や常習性が認められれば、最悪の場合、交通刑務所だってあり得るのです。また、その状態で事故を起こしてしまったら、、、目も当てられません。

 

車検が切れている車の車検

では車検が切れている車の車検を取ろうと思った場合はどうなるのでしょう?

 

車検が切れていない車と、車検が切れた車では、必要書類や費用は変わりません。しかし、車検が切れていれば公道を走ることができないため、レッカー車を手配したり仮ナンバーを申請する必要があるので、普通に車検を受けるよりも手間や費用がかかってしまいます。

車検を安く手間なく済ませるには、車検がまだ残っている状態の方が選択肢が広く、安く手間なく済ませることができます。

 

車検が切れた車を車検に出す場合にかかる手間や費用

公道を走れないということは、“車検だから店まで車を届けよう!”ということができません。車検の前に見積もりがありますから、その時も車検が切れていたら店まで届けることができません。店のレッカー車を出してもらって、家まで車を取りに来てもらわなければいけません。

車検場に車を持ち込む場合も、公道を走れませんからレッカー車で運ぶか仮ナンバーを取り付けるしかないのです。

レッカー車を使うとその分の費用がかかってしまう場合もあります。ということは、車検のトータル費用が高くなるということです。それが嫌ならば、役場に行って仮ナンバーを交付してもらう方法です。ナンバープレートの斜めに赤い斜線の入ったナンバーです。

仮ナンバーは役場の窓口で申請後すぐに交付されます。仮ナンバーは2日~5日ほどしか走行許可がありませんから、あまり早く申請するとかえって使えないことになってしまいますので取得は前日か当日で十分です。使用後はなるべく早く返納しなければいけません。また、自賠責保険がないと公道を走れませんから、車検証と一緒に自賠責保険証書の提出が必要です。自賠責保険も切れているなら1ヶ月分追加で加入しなければなりません。

 

仮ナンバーについて詳しくはこちら

 

Pocket