オーバードライブってなに?

Pocket

 

オートマチック車にある機能『オーバードライブ』ってご存知ですか?また、その機能を使ったことはありますか?

オートマチック車のシフトノブや、レバーの脇に付いているスイッチを見たことあるかと思います。見たことないって方は見てみてください。そのスイッチこそがオーバードライブスイッチです。

走行中に押すと、メーターパネルに『O/D OFF』と表示されるアレです。

でも一体アレって何なんでしょう?スイッチを押すと表示が点いてもう一度押すと消える。押してもイマイチ何が変わったのかが分からない、この謎なスイッチ一体ナニモノ?

「O/D」とはOver Driveの略で、本来自動で変速されるオートマチックトランスミッション(AT)を、走行に合わせて動かすための機能なんです。

 

オーバードライブでなにが出来る?

オーバードライブギアを一言で言うと、自動車のトランスミッションの最高速のギア比のことです。

つまりオーバードライブスイッチ(O/D)を押して機能をオフにすると、高速走行時に使うギアを任意的に使わずに低速走行の時に使うギアだけを使って走る機能です。

4速のAT車であれば、オーバードライブオフにすると、1速、2速、3速の低いギアだけを使って走るモードになるので、素早い加速とエンジンブレーキ使った運転をする事ができます。

 

オートマチックトランスミッションとは

オートマチックトランスミッションの『トランスミッション』を簡単に言うと変速機です。

トランスミッション(変速機)の役割は、エンジンの回転を走行速度に合わせて変速することです。

加速時や登り坂では低いギアにして[力強く・遅く]、平地での高速走行では高いギアにして[弱く・速く]と変速します。

自転車の変速を使ったことがあればイメージしやすいと思いますので自転車に例えて説明します。

自転車にも3段階変速のギアが付いた自転車ってあるじゃないですか、もっと多く変速できるものもありましたよね。

1速はペダルが軽いからスイスイこげるけど速度があまり出ませんよね。
その反対に最初から3速で発進した場合ペダルは重すぎてとてもじゃないがこぐことはできませんよね。でも1速、2速と変速していき3速に変えて勢いに乗ったときはめちゃくちゃスピードが出ます。つまりそれがオーバードライブギアです。

「速すぎる 自転車」の画像検索結果

止まっている状態から自転車をこぎ始めて、1速から順番にギア変速をして行き3速に変速した時には、大した力でこがなくとも速度はでると思います。
交差点などを曲がるときブレーキを掛けて減速し再び速度が上がるまで1速から順に変速していき加速します。

この装置がトランスミッションで、これらの動作を車が自動的にやってくれるのがオートマッチックトランスミッションなのです。

 

オーバードライブ機能の使い方

オートマ車はクラッチペダルがないのでギアチェンジするためのシフト操作は必要ありません。とても便利な機能です。

でも良いことばかりではないんですよね。

車が自動で変速するため自分が望んだ変速タイミングとズレてしまうことがよくあります。

例えば速度調整のためにアクセルを控えめにしていたらシフトアップしてしまったり、逆に加速しようとアクセル軽く踏んだらキックダウン加速をしたりと思い通りに動いてくれないことがあります。

さらに、長い上り坂などでは一気に上るためにアクセルを踏んで加速しているのに勝手にシフトアップしてしまいせっかく加速してきた速度が落ちて上らなくなったりなんて事はよくあります。

上り坂などは低いギアで走ればスムーズに走れるのにATは変速してしまうときがあるのです。

 

自動変速のポイント

ATが変速するタイミングというのは、変速プログラムによって行われます。

主にエンジンの回転数とエンジンの負荷、車速とアクセルの開閉度によって決められます。

その変速プログラムは、各自動車メーカーがあらゆる状況のデータと膨大な量のテストデータから設定していますが必ずしも全てに当てはまるとは言えないのです。

そこで、その当てはまらない状況になったときに使うのがオーバードライブ機能です!

自分の考えている状況やタイミングに少しでも近づける為に使う機能です。

 

オーバードライブと燃費

燃費というのは、エンジン回転数が少なく、高速で車を走らせるほど良くなる傾向にあります。

そのため多くのAT車はシフトレバーをDレンジにして走っていると、どんどんシフトアップして最高速のギアを使った省燃費走行をするように設定されています。

最高速ギアを使わないということは、低速ギアで高い回転数を維持して走行するということですから、どうしても燃費は悪くなりがちです。

自転車で1速のままスピードを出そうと思ったらめちゃくちゃ高回転で足を動かしペダルをこがないといけませんよね。でも1速のままでペダル必死でこいでもあまりスピードは出ません。それに必死でこいだ体はかなりの体力を使ってしまいます。

そのペダルをこいでいる人の体がエンジンで体力が燃料です。持久力が燃費ということになります。

オーバードライブ機能をオフにして走行した後は必ず元に戻しましょう。
そのまま走行すると、低速ギアのままで必死にエンジンを動かし続けることになるので燃費は悪くなってしまいます。

O/D OFF(オーバードライブ )が点滅したら

万が一オーバードライブオフの表示が点滅しだしたら要注意です。

ATにトラブルがなどがあった際にドライバーに知らせるための警告灯ですのですぐに修理工場で点検してもらってください。

基本的にAT車の場合は、シフトがDレンジに入っていれば、特に問題なく走るので使わない人はおそらく一生使うことがないのかもしれません。

ですが、しっかりと機能を理解できたとき今まで以上の快適な車ライフが送れるのではないでしょうか。

Follow me!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です