カーエアコンの暖房、冷房、A/Cスイッチの謎

Pocket

カーエアコンの暖房、冷房、A/Cスイッチについて

これからの季節暑くなってきてエアコンが必要な時期になりますね

そこで、冷房や暖房を使ったとき車の燃費は一体どう変化するのか、気になったことはありませんか?

燃費が悪くなるから暑くてもなるべく冷房を使わないようにしたり、寒くても暖房を我慢したりという方もいると思います。

更に気にする方は「A/C」というスイッチはほとんど押さない、なんて人もいるかもしれません。

ちなみにこのA/Cスイッチとはエアコンを使うために必要な機械を動かしたり止めたりするスイッチでこのスイッチを押すことにより車内を冷やしたり除湿したりします。

この機械をコンプレッサーといいます。

スイッチを押さないで冷房風を出しても夏場は涼しい風は出てきません。

扇風機の風と同じ感じで、暑いところで扇風機を回しても熱い風しかでてきませんよね。スイッチをオンにする事によりエアコンガスがエアコン内を循環し車内を冷やすという仕組みです。

車を冷やすにはA/Cスイッチを押しますが逆に暖房はどうでしょう。

暖房も冷房と同じように車内の空気をエアコンによって温めていると思いますか?

実は違うんです。

車の場合A/Cスイッチをオンにしても冷房と除湿の機能しかないのです。ですのでエアコン自体が空気を温めているわけではないということになります。

※一部電気自動車は除く

 

どのようにして車内を暖めているのか?

結論から言いますと、車の暖房はエンジンの熱を利用しています。

車はエンジンをかけるととても高温な熱を発生させます。そのエンジンの熱を利用するのです。

エンジンから発生した熱を扇風機のような送風ファンを使い車内に温風を送り込んでやればいいだけですので冷房のようにエネルギーを作る必要がなくなり車にとってとても効率がいいものとなります

そのため暖房として使うにはA/Cスイッチを押さなくても車内は温まるのです。

 

暖房の時はA/Cスイッチは必要ないのか?

そんなことありません。

冬の寒い時期に暖房をA/Cスイッチを押さずに使用するとどうなるでしょうか?やったことのある人はわかると思いますが、

結露です。

外気と車内の温度差が激しいと、空気中の水分が結露します。
その他人の吐く息や汗などでも車内の湿度が上がります。

そうなるとフロントガラスや周りのガラスなどが曇ってしまいます
こんなときエアコンのA/Cスイッチを押すことにより車内の湿気を取ってくれて窓の曇りがとれると言うことです。

A/Cスイッチには冷房除湿の機能があります。

A/Cスイッチを押さず送風だけで内気循環にしていると非常に曇りやすくなりますので、送風だけの場合は外気循環にしておくと曇りにくくなります。

内気・外気の切り替えは下図のようなスイッチの場合、ランプが消えていると外気循環でランプが点灯していると内気循環になります。

外気循環  

内気循環

 

このタイプはレバーを左右に動かすことで内気と外気を切り替えられます。

風向きを下図で丸く囲ってあるデフロスターといわれる場所にすることで、フロントガラスの下から風を出す事ができますのでフロントガラスが曇るという場合はここにしておきましょう。

内気循環と外気循環、それとデフロスター。

実はこれ結構知らない人いるんですよ。

あまり車に詳しくない女性の方やご年輩の方に「車がすぐ曇る」などでご相談される方意外と多いんです。

なので知らなかった方、梅雨時期や冬場試してみてください。それでも曇るって言う場合はスイッチを入れてクリアな視界で運転をしてください。フロントガラスや窓ガラスが曇ったままの運転は非常に危険ですからね。

でもA/Cスイッチ入れっぱなしっていうのも善し悪しなんですよ。
スイッチ入れっぱなしだと車内の空気をどんどん除湿してしまうので必要以上に空気が乾燥してしまいます。乾燥に弱い方は注意して下さい

A/Cスイッチと燃費の関係

それでは一番気になるところの燃費問題です。

エアコンはコンプレッサー動かすには車のエンジンの力を使います

夏場などの暑い時期にA/Cスイッチを押して冷房を使うと10~20%ほど燃費が悪化すると言われています。

なぜか?

熱くなった車内の空気を冷やすためにコンプレッサーを使うことでエンジンにかかる負荷が大きくなることと、夏場の暑さからコンプレッサーの能力が落ちその分さらにエンジンに負担がかかるのが原因です。

エンジンとコンプレッサーはベルトで繋がっていてエンジンのエネルギーを使ってコンプレッサーを動かしていますので暑い時期などは燃費が悪くなります。

逆に冬場は外気が冷たいのでエアコンを効率よく冷やすことができ、コンプレッサー自体の能力もあまり落ちることなく、燃費の悪化も数%程度に抑えられると言われています。

そのため暖房時にA/Cスイッチを入れたとしても燃費への影響はあまりないと言えるでしょう。

さらに暖房時にA/Cスイッチを入れずに送風だけで暖房を使っている場合はほとんど燃費への影響はなくなります。

先ほど言ったとおり暖房の場合はエンジン熱を利用しその熱をファンで室内に送り込んでいるだけなので特別エンジンの負担になるようなこともなく燃費も気にすることはないでしょう。

 

燃費も大事ですがまずは安全に運転する事が最も大事です。

燃費が悪くなるから曇りは我慢!などと言わず室内が曇ってきたらA/Cスイッチを入れて視界がバッチリの状態で運転するようにしましょう。

Follow me!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です