出国税1人1000円!?/日本経済新聞

Pocket

出国税1人1000円 19年度から、政府調整 !

衝撃的な記事を見てしまった!
日本を出国する旅行客、1人あたりから1000円の出国税を徴収するというのだ。
 
また税金…
 

一体我々はどれだけ国にお金を納めなければならないのか?

取る分はきっちり取る。

納める金額は年々増えているが、肝心の取られる側の財布の中身は一体どれだけ増えたというのだろうか?おそらくこの税金も時が経つにつれて徐々に増税されるのであろうと予想するのは自然の考えだろう。

余分にお金がかかるようになればそれだけ人はお金を使いにくくなる。海外旅行へ行く人も減ってしまうのではないだろうか?
1,000円くらいならそれほど負担にならないからいいか。みたいな考えは酷いと思う。お金が入って国は潤うかもしれないが出所をよく考えていただきたいし、富裕層向けとかなんとか言っても一般人からもきっちり取るわけだから一体どこまでを言っているのか。

はっ!もしかしたらこれもお金を外に逃がさないための事前対応なのでは?!
そう考えると非常に恐ろしくなる。

以下 日本経済新聞より

 

観光庁と財務省は日本を出国する旅行客らを対象に、1人あたり1000円の出国税を徴収する調整に入った。訪日外国人観光客らのほか、観光や仕事目的で海外に出国する日本人も含め、徴税対象は年間4000万人を想定する。毎年400億円の財源を確保し、空港や港湾の出入国管理の設備や、文化財を生かした観光拠点の整備などに充てる。2019年度から導入する方針だ。

与党の税制調査会の調整を経たうえで、17年末にまとめる18年度税制改正大綱に盛り込み、18年の通常国会での法整備をめざす。

観光目的の財源として幅広く確実に徴収するため税制を活用する。1人あたり1000円とするのは区切りがよく、格安航空の利用者でも負担感による需要減を最小限に抑えられる水準とみているからだ。

航空チケットなどに上乗せして徴収する案が有力。航空会社や船舶会社がシステム対応の準備が必要になるため、19年度からの実施をめざすことにした。

政府は東京五輪・パラリンピックを開く20年に年4000万人、30年には同6000万人の訪日客を受け入れる目標を掲げている。受け入れ体制として観光資源の整備や空港の保安体制の強化などの充実が欠かせない。政府は20年までに文化財を核とする観光拠点を全国に200カ所整備する施策も掲げており、出国税の財源を回す考えだ。

17年度の観光庁予算は210億円。新税の導入でほぼ2倍の予算を上乗せすることになる。特定財源として定着すれば将来、使い道が膨張しかねず、制度設計で慎重な議論を求める声が出る可能性がある。

Follow me!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です