湯沢町『移住定住促進プロジェクト』に掲載されました。

Pocket

湯沢町が進めている『移住定住促進プロジェクトのページに当店が掲載されました。

 
以前湯沢町役場の方からお声掛けいただいて「起業者の声」という形で取材を受けたものが掲載されました。

 
掲載されている場所は、湯沢町が運営している『移住定住促進ポータルサイト』の『起業者の声というところになります。
当店以外にも湯沢町で起業された方のお話が掲載されていますので是非一度ご覧ください。

 

 

 

起業者の声

“助け合いの精神で、地域に貢献したいですね”

 

Q:なぜ出張型の自動車整備業を湯沢町で始めようと?

山崎さん

:湯沢町は、自然の豊かさや人の温かみに魅力を感じて定住することになったのですが、
元々定住した地に貢献できるような“何か”を始めたいと考えていました。
湯沢町は山方まで広範囲にわたり人々が住んでいますのでどこに行くにしても車の所有は必要不可欠です。
それに伴い車のメンテナンスも必要となってくるのですが、修理や点検整備のできる工場は町の中心部がほとんどです。
高齢者の方、遠方に住んでいる方はもちろんのこと、マンションに住んでいる移住者の方たちにとっては
かなり苦労があるのではないかと思います。そこで修理や点検整備などをお客様のご自宅などへ
出向きその場で作業することができれば多くの人たちの苦労が少しは減るのではないかと思ったことがキッカケです。
私は今まで自動車整備の仕事をやってきましたのでこの経験をこの地で生かそうと考えました。

Q:この事業の特徴、強みは?

山崎さん

:一番の特徴は、指定した時間と場所へこちらから出向きその場で作業出来るところだと思います。
バッテリー上がりやタイヤのパンク修理、通常ガソリンスタンドやディーラーなどに行かなければ出来なかったオイル交換や
タイヤ交換、車検などがご自宅にいたままで出来ます。
そして料金もなるべく無駄を省きお客様に喜んでいただけるように努めています。
もちろん「ここならきちんとやってくれる!」という信頼が何より大切だと思っていますので、
お客様目線で、「きちんと仕事をしてくれて、尚且つ安い!」と頼ってもらえるように努めたいです。

Q:仕事をしていく上で、大切にしている理念は?

山崎さん

:店名の由来でもある「マイトシップ」です。典型的なオーストラリア人の気質のことで、「助け合いの精神」を意味します。
私は以前オーストラリアに留学していたことがあり、その時には本当にいろいろな方に助けてもらいました。
私も、困ってる人がいたら絶対に助けるという意識と感謝の気持ちを常に持って、この仕事をしたいと思っています。
“助け合いの精神で、地域に貢献したいですね”

Q:仕事を通して面白いと思ったこと、感じたことは?

山崎さん

整備環境の整っていない場所で作業するという難しさはあります。夏は暑いし、
雨が降ればその時の対応も変わりますが工夫次第で色々なことが出来ますし、考え方の幅も広がり面白いです。
何よりこの仕事はお客様との距離が近いので、「ありがとう」という言葉を直接聞くことが出来、
感謝の気持ちを肌で感じることが出来るのでやりがいにもなっています。

Q:将来の展望は?

山崎さん

:「困った時は、とりあえずここに連絡してみろ」と周りから言われる、頼られる存在になりたいと思っています。
車の整備は、専門用語で説明されることが多いと思いますが、ほとんどの方は良く分からないと思います。
分かりやすい説明を心がけて、お客様が身近に感じてくれる、地域に根ざした仕事をしたいです。
せっかく定住の場として選んだ湯沢町に貢献したいですからね。

Follow me!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です