ガソリンスタンドで薦めている水抜き剤とは?

Pocket

ガソリンスタンドに給油に行った際、“水抜き剤“という物を薦められた経験がある人は多いのではないでしょうか。
特に今くらいの秋冬時期や梅雨の時季などは特に薦められます。
 
「水抜き剤いかがですか?」
 
そもそも水抜き剤とはいったい何なんでしょうか?
 

水抜き剤

 水抜き剤と言っても燃料タンク内に入った水分を抜き取れるものではありません。簡単に言うと、ガソリンと水分を一緒に燃やしてタンク内の水分を除去するというものです。

行きつけだったガソリンスタンドでの笑い話なんですが、店員が水抜き剤を薦めたところお客さんから「ここのガソリンには水が入っているのか!」とちょっと怒り気味に言われたそうです。

決してガソリンに水が入っているわけではありません。タンク内に水分が発生する理由は、給油口が完全密閉出来てなかったり、ガソリンタンクが鉄製で外気温と内気温の温度差から結露が発生して水滴がタンク内に溜まると言われています。

通常ではガソリンと水分は混ざり合うことはありませんが、水抜き剤の主成分であるイソプロピルアルコールは水分とガソリンを混ぜる性質を持っていますので水もガソリンと一緒に混ぜて燃やしてしまおうというものです。

 

水抜き剤を入れずにタンクに水が溜まりっぱなしだとどうなる?

ガソリンタンクに水がたまると良いものではありません。

  1. 鉄製のタンク内に多くの水が溜まると錆が発生する可能性があります。そのまま放っておくとタンクに穴が開く可能性もあります
  2. タンク内には燃料を吸い上げる装置にネット状のフィルターがあります。ここに水分が溜まると燃料を吸い上げることに関して不具合が生じます。
  3. ガソリンタンク内の水分がエンジン内まで運ばれた場合、水分の量によっては最悪エンジンが故障する事が考えられます。

以上のことからガソリンタンク内に水分が溜まると非常に問題なのです。

 

水抜きをしないとどのくらいの水分がタンク内に溜まるのか?

答えは、ほぼ溜まりません。

と言ってしまってもいいのではないのでしょうか。

なぜかと言いますと、よくタンク内に水が溜まる車というのは結構昔の話でたまるのはかなり昔の車のことで、今の車の技術は素晴らしく進化しています。

タンク内に水分が溜まるのは問題だということくらいメーカーだって分かっている訳なのでその事についての対応だって今はバッチリされています。

ガソリンタンクは密閉性も非常に高く、タンクに使われている素材も樹脂性が多く結露には強く水分の混入の可能性は非常に少ないです。

更に、ガソリンタンク内には常に揮発した燃料ガスが充満しているため結露の原因となる外気自体がほとんど入ってこないと考えられています。100%ではありませんがかなり少ないです。

 

逆に水抜き剤を入れたことで、、、

水抜き剤の主成分はアルコールですが、このアルコールと言うのが少々問題があります。アルコールはエンジン内にある燃料パイプなどを腐食させる可能性があると言われています。
それに水抜き剤を添加する際には適切な分量というものが決まっています。

が、

そんなことをキッチリ守って添加している店員っているのでしょうか?謎です。

 

ガソリンスタンド勤務経験者からの実際のお話です。

「はっきり言うと水抜き剤は必要ないと思います。売れと言われているから売っている。ガソリンスタンドはガソリンや軽油、灯油などの油売りだけでは利益が出ません。なので水抜き剤やエンジン添加剤から始まりタイヤやワイパー、バッテリーなどなどを販売して利益を出しています。また、勤務しているスタンドでは水抜き剤や添加剤を入れたら添加シールを給油口付近に張ります。このシールのことを通称“優良顧客シール“と呼んでました。つまりこのシールが貼ってあるお客さんは断るのが下手か知識が無い人なので薦めれば購入してくれる優良顧客なのです。」

 と言うことでした。

 

いかがでしたか?ここまで読んで色々なことを疑問に思われたのではないのでしょうか?
でも、決して入れないほうがいいとか、入れたほうがいいとかではなくて、こういうことをキッカケにして様々なことを自分で考えたり調べたりして見直す機会になれば良いと思います。
 

Follow me!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です