国交省、車検切れ車両の取り締まり強化!ナンバー自動読取装置を2018年度導入

Pocket

2017年度に試験導入する可搬式ナンバー自動読取装置のデモを実施

国交省が車検切れ車両の取り締まりを強化するため、自動でナンバーを読み取る装置を2018年度にも本格 導入する予定だ。

 

 

国土交通省が2017年度から試験導入する可搬式のナンバー自動読取装置。ナンバープレート情報をカメラで読み取りデータベースと照合することで、瞬時に車検切れか否かを判別できる。

国土交通省は、車検切れ車両の取り締まりを強化するため、街頭に設置する可搬式のナンバー自動読取装置を導入する。本装置は2017年度に全国5カ所で試験的に導入され、2018年度には本格的な導入と運用が開始される。

Follow me!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です