エンジンオイルは指定以外の物でもよいのか?

Pocket

すべてのエンジンには予め決められたオイルデータがあります。

決められたオイルデータとは、オイルグレードやオイルの量、オイルの粘度です。オイルデータは車の説明書を見ていただければ細かく記載されていますのでオイル交換の際、個人の判断でグレードや量を勝手に変えるのはエンジンにとって良くありません。ですが、オイル粘度は指定通りでなくとも良い場合もあります。

そもそもエンジンオイルは何のためにあるのでしょうか。

 

エンジンオイルの役割

潤滑

エンジン内部では「ピストン」を始め、「クランクシャフト」や「カムシャフト」といわれる部品が1分間に数百~数千回転の高速運動をしています。その時に生じる金属同士の摩耗や焼き付きなどを軽減するためにエンジンオイルで潤滑しています。

密封

エンジン内の「シリンダー」と「ピストン」にはわずかな隙間(クリアランス)があり、その隙間をオイルによって密封しています。隙間が広すぎると燃焼によって作られたエネルギーが隙間から逃げてしまいます。エンジンが古くなると、シリンダーやピストンが摩耗して、どうしても隙間が広くなってしまいますのでその時は粘度の高いオイルを使って密封効果を維持します。

冷却

エンジン各部は燃焼や摩擦によって、とても高温な状態になっています。エンジンオイルには、これらの高熱を冷却する役割があります。

洗浄

エンジンは燃焼や回転運動によって、スラッジと呼ばれる汚れが発生します。この汚れが溜まると、エンジン性能の低下やエンジンの寿命の低下にも影響します。エンジンオイルには、発生した汚れが特定の場所に留まらないように汚れを吸着したり、分散することも重要な役割です。エンジンオイルは走行距離とともに黒く汚れていきますが、それはエンジン内が正常に洗浄作用されていることの証です。但し、オイルが汚れを取り込む量には限界があるので、一定期間使用したエンジンオイルは交換が必要になるのです。

防錆

エンジン内は燃焼の熱によって、とても高温な状態になっています。そのため、外との温度差などにより水分が発生しやすく、それが「錆」の発生原因にもなっています。この錆はエンジン性能の低下やエンジンの寿命を短くする原因となり、そのためエンジンオイルはこれらの錆の発生を予防しています。

 


まず、指定されているオイルの粘度よりも柔らかくはしないというのは基本です。粘度を下げればオイルは柔らかくなります。柔らかくすれば回転抵抗などは減るので燃費はよくなりますが、粘度はエンジン内部の各クリアランスなどによっても決められているので、柔らかくしすぎると内部の摩耗が進むなど、トラブルの原因にもなりかねません。

では逆に硬くするのはどうでしょう。こちらはあまり極端なレベルでなければ、トラブルの原因にはならないと考えられています。仮に指定オイル粘度が10W-20のものを10W-30にする程度なら、燃費にもそれほど悪影響を与えることもなさそうです。ちなみに『10Wー20』の“10”側は冷えた状態での粘度になりますので、暖まってしまえば関係なくなるのであまり気にしなくてもいいと思います。『10Wー20』の”20”側は高温時の粘度です。

 

 

車を何年も調子のいい状態で乗り続けるには、走行距離が5万kmを超えたぐらいから、オイル粘度を10W-20だったものは10W-30、更に10W-30から10W-40と、指定よりも少し上げてやるのがいいと言われています。最近のエンジンは材質もかなり良い物を使っているとは言え摩耗はしていきます。摩耗すると、ピストンとシリンダーのように、各部の隙間(クリアランス)が最初より広がってくるので、その摩耗分をオイル粘度を硬くすることで補ってやるのです。
また硬いオイルでできた皮膜は音を吸収してくれる働きがあるので、クリアランスが広がったことで出る異音を多少だが抑えることもできます。

指定より柔らかくするのはエンジンにとって良くありませんが、それ以外ならいろいろと試してみてもいいかもしれませんね。

 

Follow me!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です