Pocket

 壁画
 

今回のテーマは、

「どうやってオーストラリア留学へ行くか?」

です。

自力で全て計画して行くのか?

それとも留学代理店やその他にお願いするのか?

私達はオーストラリア留学を計画する前はフィリピンに語学留学する予定でした。(第二話:行き先の選定と時期と期間)

その時は留学代理店にお願いしようと思っていたので今回もそのつもりでネットでオーストラリア留学専門の代理店を探していました。

 

Google検索欄に「オーストラリア 留学 代理店」と打ち込むとズラーッとオーストラリア留学専門の代理店が表示されます。ハッキリ言って多すぎてどれを選んだらいいのか分かりませんがとりあず検索表示された代理店を一つずつ見て比べることにします。見てみるとどれも良さそうなんですよね、だけどみんな似たような感じ。それぞれのサイトは膨大な情報量ですので全て確認するのは無理です。

それじゃあどうするか?

私は見た印象で感じの良さそうな店舗を何点か絞り込んでその代理店に質問メールを送り、返ってきた内容を見て判断することにしました。

以下の質問内容は私が実際に留学代理店へ送った内容の一部です。

① ネットなどで調べた結果、留学地はアデレードかパースにしようかと考ええています。

本気で勉強優先と語学留学の成果を考えたとき、留学先は日本人割合の少ないアデレードがいいのかなぁともおもうのですがパースも非常に勉強面やアルバイト面でも良いと聞きまして悩んでます。

そこで学校や都市をどのように選べばよいでしょうか?

オススメの学校がありましたらアドバイスお願いします。


② 一年間留学予定なんですが学校費用、生活費用、お小遣いなどすべて含めた総合的な留学費用は大体いくらくらいになるのでしょうか?

ネットで調べてもサイトによって色々な金額が表示されててよく分かりません。


 ③ 最初の留学地が決まったとします、でも別の都市も行ってみたいと思った場合学校は半年で変えてもいいのか、それとも一年間同じ所に通った方が良いのかなど費用面や生活面や語学上達面などからアドバイスありましたらお願いします。

 


 

以上をふまえた上でのオーストラリア情報やオススメの語学学校や留学プランなどを相談したいです。

その他日本にいる間にやっていた方がよいことや、意外にあった方がよい持ち物やオーストラリアについて専門的なアドバイスなどありましたらお願いします。

以下省略…

このメールを6店舗くらいの代理店に出し返事を待ちました。

早いところでその日のうちに返事がきましたが遅いところでは返事が来るまでに4~5日かかったところもありました。

私が考えたのは、このメールを送り返ってきた内容が

  1. 質問に対して答えが的確であること
  2. 質問したこと以外のプラスαのかゆいところに手が届くような内容が含まれていること
  3. メール返事のスピードが早いこと

 

この3点が全て揃っている店舗が理想と考えました。

これを踏まえた上で考えると4~5日かかったところは理想から外れるためナシ。

返信内容が薄く質問の答えがしっくりこないところもナシ。

営業的な内容の店舗はもちろんナシ!

複数ある留学代理店の中から絞り込んだ結果私が思う理想的な内容の返信をしてくれたところが一つだけありました。

名前は

「APLaC」

このAPLaC(アプラック)こそが、“私達の留学の手段”だけではとどまらず、人生の生き方や考え方までに影響を与えてくれた深い関係の始まりだったのです。

連絡を取って初めて知ったんですがこのAPLaCは留学代理店ではありませんでした。そもそもお店ではありませんでした。

じゃあ何か?

一言で言うと、

「オーストラリアに来る人のお手伝いを1人で半ば趣味でやっている」

とのことでした。

オーストラリア留学にシフトした初めの頃になるんですが、オーストラリア留学についてインターネットで調べていた時に本当偶然見つけたサイトだったんですよ。だけどあまりにもサイト内容の癖が強くちょっと私にはキツく感じて最初はスルーしてたんですよね。

それでもちょっと頭のどこかで気になっていたものがあったんでしょうね、試しに連絡を取ってみたら結構良くて。

でも結果的にここに行き着いたのは運命的なモノがあったのかもしれません。

それと決め手になったポイントがもう一つありました。

それはリアリティです。

複数の留学代理店のエージェントと連絡を取っていたとき “ある共通点” に気づきました。

 

「良いことしか言わない」

 

これはフィリピン留学を考えていたときから感じていたのですが、こちらが質問や疑問を投げかけたとき返ってくる答えはこちらが安心するような「良い答え」が多かった気がします。でもその時は留学状況や海外の情報などは無知でしたから「そんなもんなのか」と思って納得していました。APLaCに出会うまでは。

APLaCのサイトを見ると他の留学代理店のサイトと違うんですよね。

初めてこのサイトを見たとき正直「内容が厳しすぎる」と思いました。それで最初はスルー。

フィリピン留学の時から今まで様々の留学代理店により色々な良い情報ばかり聞かされて来た私にとってはこのサイトに書いてある厳しい情報は、信じたくない気持ちから「嘘だ」と思いました。そんなわけないと。

でも、厳しいとか嘘だとか思いながらもなんだかんだ気になっているからちょこちょこサイトを見ていたんですよ。

そして気付きました。

それは厳しいわけでも嘘でもなんでもなかったんです。

これが 「現実」なんです。

現実は甘くありません。

それが自分の知らない世界なら尚更ですね。

今まで得ていた情報というのは自分が知らなかった世界の留学や外国と言う情報だったので留学専門の代理店が言ったことは何でも真実だろうと思い素直に受け取ってしまうし、知らない世界への不安もあるから出来ればこうであってほしいという自分の願望も手伝い普通に考えれば分かるような上手い話でも専門家に言われれば「こういうもんなんだ」と思えてしまう。その専門家の言う事をずっと聞いていればそれが当たり前になってくるし、その当たり前の考えが自分の中で構築されつつある中突然全く違う情報が入ってくると拒否反応が出るのも当然。しかもその情報が今までの情報に比べてあまり都合が良くないとすると拒否反応はより一層です。

無数にある情報の中から自分に合った情報を選び出すというのは本当に難しい事です。

更にその情報の中から真実を見極める事はより至難です。ですが難しいからといって適当な情報に頼るわけにもいきません。

留学へ行く手段が自力でって言う人以外は何かしらの“手段”を選ばなくてはなりません。それが友人知人や家族に手伝ってもらうということなら信用出来ますが、それ以外のその手段で、例えば留学代理店を選ぶとするならばこの選択作業はとても重要な意味を持ちます。下手したらあなたの留学生活を台無しにしてしまう恐れもありますし、人によっては人生そのものに影響を与える可能性があると言っても決して大袈裟ではないと思います。

ですのでしっかりとした情報収集と自分が納得いくまで行動する気持ちが非常に大事になってきます。

その中で私たまたまは運良く自分に合ったところと巡り会うことが出来、 このAPLaCにオーストラリア留学の手伝いをお願いすることになりました。

 

次回は、APLaCとはいったい何なのか?その内容をお届けします。

Pocket